ニキビが巷で話題です。

ニキビができたら多くの方が病院へは行かずに自己流のケアで対処することになることです。
しかし自己流のケアでは間違った方法によりニキビを悪化させてしまうこともありますので、正しいニキビケアを身につける必要があります。


まずニキビを悪化させる原因として、洗顔のしすぎがあります。

ニキビができる原因について | ニキビ治療の美容皮膚科フェミークリニック公式

ニキビができてしまうとどうしても皮脂や毛穴の汚れが原因でできてしまっている印象があるので、何度も洗顔を繰り返してケアを行おうとします。

もちろんニキビができてしまう原因は毛穴に皮脂や汚れがつまり炎症を起こしているということもありますが、何度も洗顔をしてしまうのは実は逆効果です。

何度も洗顔すると必要な皮脂まで洗い流してしまいます。そこで皮膚は乾燥を防ごうと皮脂を多く出すようになるのでオイリー肌が進んでできやすくなってしまいます。


また洗顔をしすぎると角質が硬くなり毛穴が詰まるので悪循環になります。一日二回の洗顔で十分に対応できますので、その二回できちんとしっかり洗い残しのないように洗顔するといいです。
できるだけ肌に優しい洗顔料を選んで洗顔するようにするとさらに効果があります。

次に保湿ということがニキビを増やさないケアでは必要になってきます。どうしてもニキビができてしまうといつもつけている化粧水をつけずに何もしないというような人が多くいます。ニキビの原因であるアクネ菌にとって油分は栄養分になるので化粧水をつけるとどうしても悪化させてしまうように感じてしまいますが、そうではないのです。

それよりも乾燥させてしまうほうが悪化してしまう原因になってしまいます。
肌の保湿を十分に行わないと乾燥し、角質が硬くなるので毛穴が詰まる原因になりますし、乾燥している肌を保護しようとより多くの皮脂を出そうとします。

そのために症状が悪化してしまうので、必ず保湿を行うようにすることが重要です。

保湿ケアをきちんと行って肌の水分バランスを整えておく必要があります。
このように正しいケアを覚えておく必要があります。